岡村 謙三
Okamura Kenzo
Instagram @kenzo_igram

 

photographer and CEO

“ 家族に恩返しの想いを込めて ”

 

 

 

子どもたちの未来をデザインする。

創業に至った背景は、撮影を担当したお客様からのある言葉でした。山口県岩国市の錦町という、自然豊かな町で育った僕は、広島の大学を卒業後、建設会社に就職するも入社3ヶ月で退職。コンビニでなんとなく求人誌を手に取り、広島のフォトスタジオで働くことが決まりました。気づけばすっかり写真にのめり込み、毎日写真の勉強に励んだ。
そんなある時、撮影を担当したお客様から「けんけんの写真を見て泣いたのは初めて。」と言われました。さらに、撮影した写真を使いスマートフォンのケースを作っていて、嬉しそうに僕に見せてくれました。この時私は感動と同時に、母親の子どもに対する愛情の力を強く感じました。
僕にとっても両親から受けてきた優しさや、家族との思い出はかけがえのない宝物です。こうして “ 子どもの成長を記録に残す体験 ” を通じて子どもに目一杯の愛情を注ぎたいと、考えるママたちが大勢いることを実感しました。「ママという一人ひとりに、寄り添い、尽くすことで、子どもたちの未来をデザインする。」あのお客様のあの一言が創業の後押しとなり、自分たちが掲げる思想となりました。

 

 

 

 

「ママでよかった。」をもっと

“ 愛を受けて育ったわが子は、人生に大きなアドバンテージを受けて未来に輝く ”
“ わが子が輝き続ければ、きっとママの人生も大いに輝く ”
そして、ママの人生が大いに輝く時。
「ママでよかった。」
この言葉こそが、自分たちの存在意義を表す言葉である。
徹底的にママの心に向き合い、写真という手段でママの心を愛情でいっぱいにする。
その愛情は、きっと子どもの未来に繋がり輝きを増す。
「素直で無邪気な “ 子どもらしさ ”」
「感情全てが繋がる “ 家族らしさ ”」
「新しい一面を発見する “ 愛らしさ ”」
子どもの成長を肌で感じる体験を胸を張って提案します。そんな体験のなかで、ついママやパパが口ずさんでしまうフレーズをそのままロゴに想い込めました。
「子どもしさ= “ 動き ”」
「家族らしさ= “ 光 ”」
「愛らしさ= “ 優しさ ”」
ロゴには、存在意義(=強み)を定義し形や色、線の太さ全てに意味とメッセージを込めています。

 

 

 

 

人と向き合うプロとして、共に挑戦し磨き上げる。

私たちは、とにかく人にこだわる。“ 人と人との繋がりや出会いの場 ” を最も大切にします。目的のために行くのではなく、あの人に会いたいから行く場所を目指します。
フォトスタジオではなく “ フォトサロン ” に込めた想い。それは、この奇跡に近い出会いを単なるフォトスタジオとしての場所ではなく、もっと深い “ 繋がりを創造する場所 “ にしたい。
「フォトスタジオだけど、フォトスタジオではない」そんな “ 面白い場所 ” があってもいいと思っています。子どもの成長をきっかけに、「ママでよかった。」を “ もっと ” 感じていただける体験を私たちと一緒に創れたら最高です。

 

#最高かよ

 

 

NATSUKIを見る
トップに戻る

 

PAGE TOP